若白髪の原因は?

白髪が多くて悩んでいる人は少なからずいると思います。特に若白髪は見た目にも目立ってしまい、カラーなどで隠している人もいるのではないでしょうか。そこでここでは、若白髪が発生する原因について紹介していきます。

そもそも白髪はどうして生えるのか?

白髪は髪の毛のメラニンが不足することによって発生します。メラニンは髪の毛や肌に存在する色素です。肌や髪の毛が黒くなるのはこのメラニン色素が存在するためとなります。しかし、ストレスや生活習慣、老化などの原因でメラニン色素が作られなくなってしまうと、髪の毛が白く見えてしまうのです。これが白髪となります。

若白髪の原因

若白髪は30歳未満で白髪が増加する人のことを指します。基本的には遺伝による影響が強いと言われていますが、その他の環境的な原因もたくさん存在します。次に紹介するのは、若白髪の発生確率を高める要素となります。

①喫煙

喫煙は白髪を早める行為として知られています。その影響は非喫煙者の4倍以上とも言われています。健康的にも喫煙は悪影響を与えるものですので、なるべく喫煙は避けるべきです。

②性別

男性と女性を比較すると男性の方が白髪になる年齢は早いと言われていて、若白髪の割合も男性と女性では男性の方が高くなります。また、人種別にみても白髪のなりやすさは異なります。例として白人男性と黒人男性を比較すると、白人男性の方が白髪になる割合は圧倒的に高くなります。

③ストレス

ストレスで白髪になるという話はよく耳にすると思います。実際にストレスが白髪に影響しているということは確かであるようなのですが、具体的にどの程度影響を与えているものなのかは、不明瞭な部分も多いようです。

白髪は遺伝による影響がかなり強いため、生活習慣を正すだけでは解消できないケースも多くなります。しかし、後天的な原因で白髪になる可能性もありますので、まずは規則正しい生活を行うことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です