MENU

ストレスと吹き出物

いつの間にか、プツンとできてしまう吹き出物。ストレスがたまると吹き出物ができやすくなるといいますが、どうしてなのでしょうか。ストレスとお肌には、どのような関連があるのでしょう。

 

ストレスがたまると何が起こる?

 

現代社会はストレス社会ともいわれます。ストレスを感じないで生活をすることは、ほぼ不可能かもしれません。私たちはストレスを感じると、体の調子をコントロールしてくれる自律神経が乱れてしまいます。自律神経には、交換神経と副交感神経がありますが、ストレスを感じると交感神経が優位になります。

 

交感神経というのは、興奮をつかさどる神経で、この働きにより男性ホルモンの分泌が活発になります。このため、皮脂の分泌が活発化し、吹き出物などができやすくなるといわれています。

 

ストレスを解消するために食生活にも変化が

 

ストレスを感じると、それを解消するための方法は人それぞれです。しかし、中には、食べ過ぎてしまったり、外食が多くなったり、アルコールやたばこの摂取が増えてしまうという人もいるでしょう。

 

このような食生活の変化は、すべて吹き出物などの肌トラブルを起こす原因になります。脂っこい食事やビタミン不足は、吹き出物の原因になることはよく知られていますよね。ストレスを感じることにより、このような吹き出物のできやすい食習慣になってしまうのです。

 

ストレスが腸内環境を悪化させる

 

このような暴飲暴食によって、胃腸の状態の悪化を招いてしまいます。また、腸はストレスに弱い器官でもあり、ストレスや緊張を感じると、腸の調子が悪くなるという人も多いです。

 

腸は、身体へ必要な栄養素を送り込む役割を持っていますので、この腸の調子が悪くなると、お肌に必要な栄養素も十分に行き届かなくなるんです。このため、吹き出物などの肌トラブルを起こしやすくなり、一度吹き出物ができると治りにくくなります。

 

吹き出物を予防する方法

 

ストレスと吹き出物には深い関連性があります。ですから、吹き出物を予防するためには、ストレスをためすぎないようにすることが大切です。また、ストレスを感じたら、できるだけ早く解消するようにしたいですよね。

 

ストレス解消の際には、お肌にやさしい方法をとりましょう。アロマオイルを数滴垂らしたお風呂にゆっくり半身浴したり、ハーブティを利用するのもよい方法です。

 

サプリメントを利用するのもおすすめ

 

吹き出物ができやすい人は、食習慣に問題があることが多いです。なるべく栄養バランスのとれた食事をとるのが理想的ですが、難しい人はサプリメントで補充するのもおすすめですよ。ストレスを感じたときにこそ、食事を見直してみてくださいね。

 

 

このページの先頭へ